トップページ姿   勢会社概要業務・研究分野研究体制アクセス出版物
歴史文化資産を生かしたまちづくりをサポートします
■「歴史まちづくり法」の施行
地域の歴史的な風情、情緒を生かしたまちづくりを国が支援する「歴史まちづくり法(地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律)」が2008年11月4日に施行されました。
■「歴史まちづくり法」の基本スキーム
@ 国が歴史的風致維持向上基本方針を作成し公表
             

A 基本方針に基づき、市町村が歴史的風致維持向上計画を策定し、国に認定を申請
             

B 文科省、国土交通省、農水省が計画を認定
             

C 法に基づく措置、事業による支援の活用
■「歴史まちづくり法」の特徴
@事業を積極的に支援していくプラス思考の仕組み
  景観法や都計法は規制誘導中心、歴史まちづくり法は事業を支援していく仕組み

A法制定による中長期的な保全・整備の保証
  法律として制定されたことにより、長期的な事業の推進を保証

B文科省と国交省、農水省との全面共管の法律
  
重要文化財などがある地域を対象に、その周辺を一体として取り組むまちづくりの制度

C都市から山林、公共から非公共にわたる幅広い対象
  歴史文化資産を取り巻く広い地域を対象とし、公共用途以外で利用も対象
■「歴史まちづくり法」を活用するために
 歴史まちづくり法を活用したまちづくりを進めるためには、国による「歴史的風致維持向上計画」の認定が必要です。認定を受けるためには、

  1)重点地区の核となる国の重要文化財や史跡等が指定されていること
  2)重要文化財等と周囲の環境が一体となって高い歴史的風致が形成されていること
  3)歴史的風致を維持・向上させる計画の内容が実効性の高いものであること
  4)市町村、市民、管理者、支援法人等からなる協議会等で検討されること

 などが必要であると考えられます。
私たち、日本開発研究所三重は、これまで歴史文化資産を生かしたまちづくりに継続的に取り組んできました。その経験を存分に生かし、歴史まちづくり法に基づく認定計画の策定や支援事業の事業計画をサポートさせていただきます。


「歴史文化資産を生かす私たちの実績紹介」ページへ

 │リンク個人情報保護方針問い合わせ
  Copyright © PRUD Institute Mie Inc. All rights reserved.